ロスミンローヤルの成分紹介

ロスミンローヤルには、9種類の生薬を含む、22の種類の有用成分が配合されています。
メインとなる生薬の効果や、含まれるアミノ酸、ビタミンの働きなど、1つずつ紹介していきます。

生薬

トウキ(当帰)
トウキは、血液の循環を活性化させる効果がある生薬です。また、生理不順や生理痛の緩和など、婦人科系の疾患の治療薬としても用いられています。
シャクヤク(芍薬)
血液の凝固抑制作用や血管拡張、血液不足を補う働きがあるとされ、血の巡りをスムーズにしてくれる生薬として知られています。冷え性や生理痛の緩和など、トウキと同様、婦人薬として欠かせないものです。
ブクリョウ(茯苓)
体内の水分調整、利尿作用のある生薬。消化機能を助けたり、病後の体力増強にも用いられます。
ソウジュツ(蒼朮)
水分代謝を活発にする働きがあります。
タクシャ(沢瀉)
水分代謝を調整し、体内の不要な水分の排泄を促す生薬です。利尿作用のほか、コレステロールや血糖・血圧の降下作用もあります。
センキュウ
血行促進の効果のある生薬。冷え性や貧血、生理不順、生理痛などの緩和に用いられます。
ハンゲ(半夏)
身体を温める作用から、冷え性改善に効果的とされる生薬です。
ニンジン(人参)
新陳代謝の促進をはじめ、疲労回復、免疫機能向上など、様々な効果があります。生薬の中でも、代表的なもので、野菜の人参とは全くの別物。
ローヤルゼリー
動物性の生薬で、新陳代謝を高めたり、栄養補給に効果的。その他にも、血糖や高血圧の降下、アンチエイジングや更年期障害の症状緩和など、様々な作用があります。

アミノ酸

L-システイン
アミノ酸の一種で、皮膚の代謝に深く関わる成分。メラニン色素の生成を抑えるだけでなく、体外へ排出する作用もあるため、しみやそばかすに効果的。
メチオニン
必須アミノ酸の1つで、高血圧や動脈硬化の改善や、細胞の老化防止など、強力なアンチエイジング効果があります。

ビタミン

アスコルビン酸(ビタミンC)
コラーゲンの生成。メラニン色素の抑制など、しみやしわに関係の深いビタミンです。
ビタミンE
血行促進、脂肪の代謝、細胞膜の安定化などの働きがあります。
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)
代謝促進、疲労回復
リボフラビン(ビタミンB2)
細胞の新陳代謝を助け、皮膚や髪などの健康に関わります。
ニコチン酸アミド(ビタミンB3)
血行促進、皮膚の粘膜を正常に保つ働きがあります。
パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)
皮膚を正常に保つ働きのほか、糖や脂質、タンパクの代謝に関わるビタミンです。
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。不足すると肌荒れの原因に。そのほか、タンパク質やアミノ酸の代謝にも関わります。
シアノコバラミン(ビタミンB12)
血流促進作用。細胞を修復する働きがあります。
Copyright (C) 2014 ロスミンローヤルの口コミ!しわ、しみに効く医薬品の効果を徹底検証 All Rights Reserved.